お問い合わせボタン


石巻タイトル
 
東日本大震災の被災地・宮城県気仙沼市で震災後4ヶ月にわたって被災動物の救援ボランティアを行ったノア動物病院(本院・甲府市)。林文明院長以下獣医師・動物看護師が取り組んだ活動はどのようなものだったのだろうか?そして震災から1年余経った今、被災地での経験はノア動物病院の医療にどのように生かされているのだろうか?
獣医師+動物看護師、2人1組で現地へ
 

気仙沼には震災後1ヶ月ほど経ってから入りました。本当は震災後すぐにでも行きたかったのですが、阪神淡路大震災後のボランティアで得た教訓から、「どこで何が必要とされているか」をしっかり把握した上で出かけた方がよいと判断、敢えて時間を置きました。 現地での拠点としたのは気仙沼市内にあるドッグトレーニングセンター「パット&テイル」さん。ここには気仙沼をはじめ周辺の被災地から被災動物(主に犬・猫)が集められていましたが、私たちが行くまではオーナーの齊藤さん夫妻2人だけで30頭余りの動物たちの世話に奮闘されていました。石巻など周辺の被災地には、すでにかなりの数のボランティアが入っていたのですが、気仙沼は交通の便が悪いために、ボランティアが集まらなかったのです。必要な場所に必要なものを届けたいと思っていましたので、パット&テイルさんの状況を友人の獣医師に聞いて、すぐに現地入りを決意。医療活動もできた方が良いだろうと判断し、私を含めた当院の獣医師+動物看護師の2人一組を一週間交代で現地に派遣しました。

photo02
photo02
知識やスキルを社会に還元するのが専門家の役割

 現地では「パット&テイル」さんのトレーニング施設(小さな体育館くらいの大きさ)にテントを張って寝泊まりしました。なにせ少人数で30頭以上の犬猫の世話をするので、大変です。朝早くから一頭ずつ犬を散歩に連れて行き、食事を与えたらあっという間にお昼。その後は犬舎の掃除や必要があれば無料で診察もしました。「パット&テイルに獣医師がいる。無料で診療してくれるらしい」と聞いた近隣の飼い主が、病気の犬を連れてくることもありました。また、周辺の避難所への往診も時間の許す限り行いました。しかし現地に必要な薬がなくて、大まかな緊急処置しかできないケースも…。もちろん支援物資は届くのですが、こちらが必要としている物を把握せず、用意できるものをとにかくドーンと送ってくるというケースが多くて、ピンポイントで必要なものがないことがよくありました。そこで、私がブログを作成したり、Facebookで現地の状況や必要なものを発信する体制を作ることにしたのです。

 私や獣医師らが現地に行っている間、当然病院は人手が少なくなりますから、病院に残っている各スタッフの負担も増えたはず。しかしこうやって自分の知識やスキルを社会に還元することは、私たち専門家の使命。今回も微力ながら病院一丸となって支援に取り組めてよかったと、スタッフに感謝しています。

愛犬を災害から守るためにやっておきたいこと
 

 被災地入りから4ヶ月たった2011年7月末、かなり現地も落ち着き、活動を引き継ぎたいという団体も現れたことから、ノア動物病院は被災地での活動を終えました。今は今回の大震災とその後の支援活動を通じて得た教訓を外部で講演したり、病院にいらっしゃる飼い主さんに伝えたりする活動に力を入れています。 皆さんにお伝えしているのは、とにかく日ごろの備えをしっかりしておくこと。人間の食料や水に加え、犬にもフードや水を少なくとも3日分は備蓄しておく。病気を持っている犬の場合は服用中の薬の予備を用意したり、薬の名前をメモしておくことも大切です。
さらに被災時・緊急時に避難所などで他人と共同生活を行うことになっても困らないために、飼い主以外の人間に慣れさせておくこと、無駄吠えや噛みつきなどの問題行動を起こさないようしつけておくことが大切です。

そして私が獣医師として最も強く訴えているのが、愛犬へのマイクロチップの装着です。今回の震災でも、地震に驚いて逃げてしまったり、津波で遠方まで流されたりして、飼い主とはぐれてしまった犬がたくさんいました。犬は自分で住所・氏名を言えるわけではないので、最悪の場合、一生飼い主と再会できないままになってしまいます。マイクロチップを装着しておけば、保健所に常備してあるリーダーをかざすだけで、その犬の連絡先が瞬時にわかりますから、飼い主と再会できる可能性は格段に上がります。装着にかかる費用は数千円~高くても一万円程度。愛犬と離れ離れにならないために、ぜひ行ってください。当院では震災後すでに100頭以上の犬にマイクロチップを装着しました。 災害は生きている限り誰の身にも起こりうるものです。今回の大震災で犠牲になった多くの尊い命を無駄にしないためにも、教訓を活かし、万全の準備を整えておきたいものです。(談)

photo02

 

photo02

ノア動物病院 http://www.noah-vet.co.jp/
photo02
footer